赤磐市竜天天文台公園 Ryuten Astronomical Obs., in Akaiwa

竜天天文台公園 赤磐市 観望会ブログ

キャンプ場

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策対応による変更はお問い合わせください

2020年(令和2年)4月1日以降の利用から料金を改訂します 。10円玉の用意にご協力をお願いします。 料金表のPDF版はこちら

【注意】こちらは竜天天文台公園(赤磐市教育委員会)のキャンプ場の案内です。 「吉井竜天オートキャンプ場(赤磐市産業建設課)」 とは「別の」施設・予約先です。
よく間違われます。ご予約時は充分お確かめください。 竜天天文台公園キャンプ場と吉井竜天オートキャンプ場は徒歩3~5分ほど離れています。

竜天天文台公園キャンプ場は自家用車の横付けができない・電源コンセントがない 昔ながらのキャンプ場です(駐車場からテントサイトまで10~50mほど)。

ペット同伴不可

声や臭いなどが他のお客様のご迷惑となりますのでお断りしております (各種介助犬のご利用は歓迎します。連絡不要)。 各種介助犬はペットではありません。

こちらは市教育委員会・社会教育施設です。みんなの公園です。節度ある利用をお願い致します。

できること

- コンロ上や炊事棟での火の使用(残り火の始末は管理人の指示に従ってください)

- 蚊取り線香や、身体に塗る虫よけスプレーなど忌避剤の使用

- キャンプファイヤー(要事前予約、有料)

- 自由研究(や宿題)、学校や研究教育機関等の自然体験、昆虫採集、植物・地衣類の少量採取、地質調査等。野鳥観察、森林浴、動植物の観察や写真・動画撮影などの自然体験 (事後に口頭ででも十分ですので内容や成果を理系の端くれである天文指導員まで教えていただけると嬉しいです)

- 流しそうめん(はやめに相談して戴ければ竹などご用意できるかもしれません。ざるやバケツはあります)

- どんぐり拾い

- 五右衛門風呂(ドラム缶はありませんので一式をご持参ください)

- 地面へのペグの打ち込み(樹木等への打ち込みは禁止)

- 蛇口から出る水は水道水です。飲めます。

してはいけないこと(昼夜共通)

- 直火のたき火(山火事の元)

- 打ち上げ花火(山火事の元) ただし、手持ち花火に限りグラウンドで遊べます。

- 大騒ぎ・泥酔

- ペット同伴の利用(各種介助犬は同伴可)

- 一般にキャンプ場でマナー違反とされること全般 -

- - ゴミや空き缶やタバコのポイ捨て、炭や灰、燃えがらを管理人の指示に従わず処理すること

- - ペグを樹木の幹や根に打ち込む行為(当キャンプ場でそうまでせねばならない暴風は台風通過時でもまず吹きませんが、大変危険ですからキャンプはお控えください)

- - 植物を切り倒す、穴を掘る、それを埋め戻す、動物や鳥類を驚かせる行為、昆虫や動植物等をむやみに殺戮・伐採する行為

 

- - 殺虫剤をはじめとした薬品の散布(スズメバチに襲われた場合など緊急時は除く。蜂の巣を発見した場合は近寄らず天文台職員まで。スズメバチに刺された場合は119番)。前述のとおり忌避剤の使用は含まない

- - BB弾(バイオ弾含む)の利用、散布、およびサバイバルゲームおよびこれに類する行為(貸切であっても許可しない)

- - その他、設備毀損・破壊、自然破壊、環境破壊行為

- 動物・鳥類等への「餌やり」およびその餌に集まった動物や鳥類の撮影(お子さんの「夏休みの自由研究」レベルでの昆虫採集を目的とした、木の幹に樹液を塗ること等は可。大量採取や業として行うことは禁止)

- 特定外来生物の放獣および故意に遺伝子汚染を招く行為(他所から運んできた生物を放すこと)

- その他、職員の指示に従わない行為

できないこと・ご案内

- 薪、炭、食材等、一式販売しておりません。忘れずに買ってきてください

- もよりのコンビニ・ドラッグストア・スーパーまでクルマで20分かかります。

- 真夏でも夜中や明け方は冷え込みます。夏用の寝袋の場合は何か掛けるものがあると良いかもしれません。

-

- 「ヒアリ」は居りません。日本に定着はしていません。

利用できない時期

冬季(12〜3月末ごろ)は水道管凍結防止のため水抜きします。原則として※ 利用できません。ご容赦ください。
※キャンピングカーで水をひととおり持参されたお客様にご利用していただいたことはありますが、 トイレも使えませんので、必ずしも予約できるとは限りません。


利用・予約

<キャンプ場の利用は昼夜とも予約が必要です>

天文台公園開館日: 天文台事務所 086-958-2321

上記以外の平日8:30-17:00 : 吉井公民館 086-954-1379

夜間利用(泊まり)・デイキャンプとも予約はご利用開始日の6か月まえの月の1日より承ります。

例:8月11日から2泊3日利用予定 → 2月1日より受付開始


一部重複する情報がありますが、さらに詳しいことは以下のリンクから

料金表はこちら

2020年(令和2年)4月1日以降の利用から料金を改訂します 。10円玉もご用意願います。 料金表のPDF版はこちら

テントサイト

こちらは竜天天文台公園のキャンプ場です。「吉井竜天オートキャンプ場」 とは別の施設です

よく間違われます。予約時は十分お確かめください。

竜天天文台公園キャンプ場と吉井竜天オートキャンプ場は徒歩3分ほど離れています。

竜天天文台公園キャンプ場は自家用車の横付けができない昔ながらのキャンプ場です(駐車場からテントサイトまで数10m)。

竜天天文台公園のキャンプ場01 竜天天文台公園のキャンプ場02 竜天天文台公園のキャンプ場03 竜天天文台公園のキャンプ場04 竜天天文台公園のキャンプ場05
竜天天文台公園のキャンプ場11 竜天天文台公園のキャンプ場12 竜天天文台公園のキャンプ場14

画像クリックで大きくなります(1枚最大300kBほど)

ペット同伴不可

声や臭いなどが他のお客様のご迷惑となりますのでお断りしております (各種介助犬とのご利用は歓迎します。連絡不要)。

各種介助犬はペットではありません(もちろん無料)。

利用できない時期

冬季は水道管凍結防止のため水抜きします。原則として※利用できません。ご容赦ください。
※キャンピングカーで水をひととおり持参されたお客様にご利用していただいたことはありますが、トイレも使えませんので、必ずしも予約できるとは限りません。


<キャンプ場の利用は昼夜とも予約が必要です>

天文台公園開館日: 天文台事務所 086-958-2321

上記以外の平日8:30-17:00 : 吉井公民館 086-954-1379

夜間利用(泊まり)・デイキャンプとも予約はご利用開始日の6か月まえの月の1日より承ります。

例:8月11日から2泊3日利用予定 → 2月1日より受付開始


テントサイトの現状

土盛りのテントサイトが10ほどあるキャンプ場では、木立に囲まれた中にテントを張って過ごすことができます。

(以前は18サイトありましたが、雨などで平坦なサイトが減り、10サイトほどになりました。2016年現在)

テントはレンタルも持ち込みも可能です(貸出テントは古いため、持参を強くお勧めします)。

天気がよければ木立の間から瀬戸内海や夕日が、夜には無数の星や天の川が見えます。

デイキャンプ

ご予約(利用料無料)のお願い

他の団体様や連泊利用の方があるかもしれませんので、事前にご予約だけお願いします。

利用料は無料です

準備

デイキャンプとは、宿泊なしで、明るい時間帯に行うアウトドアのひとつです。 ここでは、天文台公園でのバーベキューや燻製づくり、たき火を見ながらコーヒーや読書、森林浴、五右衛門風呂(!?)などをさします

↑すべて前例があります。

おひとり様から利用・予約できます

炊事場(かまど)・水道・テントサイト・貸しテント※・食器※・飯ごう※・包丁・まな板 以外は何もありません。 バーベキューセット(炭、着火剤、専用こんろ、ガスコンロ、ガスボンベ、火箸、調味料)や五右衛門風呂(ドラム缶・すのこ?)なども ありませんので忘れずご用意ください!

※貸出は有料です

原則として道具はすべて自前でご用意ください。事前のご予約時にお申し出いただくと薪をご用意できることがあります。

最寄りのホームセンターまで自動車で20分かかります。

山陽道山陽IC、和気IC、岡山IC、中国道美作ICからお越しのさいは途中の国道沿いにホームセンターやスーパーマーケット(への案内看板)があります

キャンプファイヤー

広場中央のサークルに木を組み、周りを囲んでキャンプファイヤーを楽しめます!

大きさ

たてよこ約1.5m・高さ約1m。3時間は燃えます。大きすぎるという方はご相談ください。

長さ1mほどの松明が5本あります。先端の布に市販の着火剤をしみこませて使います。

ご予約はお早めに

他のお客様との調整もありますので、なるべく早めに(一ヶ月以上前に)ご予約ください。

費用とキャンセル料

目安として、一組み2,500円です(2016年夏現在※)。組み上げの労賃を含みます。

当方でも天候を見つつ前日か当日に組みます。

お客様都合だけでなく、天候の急変等で組み上げ後に利用をキャンセルされた場合も100%の費用をいただきます。

組み上げ(と解体)は別に依頼するためです。ご理解賜りますようお願い申し上げます。

※今後変更する場合がありますので予約時にご確認ください。お支払いはお帰り時に現金で承ります。

隣の吉井竜天オートキャンプ場ではキャンプファイヤーができない都合、お泊まりをオートキャンプ場とし 昼夜の企画と天体観測は天文台公園をご利用になる団体様もあります。よろしければどうぞご検討くださいませ。

打ち上げ花火は周囲が山林に囲まれておりますのでご遠慮ください。

虫よけスプレーをお忘れなく。