赤磐市竜天天文台公園 Ryuten Astronomical Obs., in Akaiwa

  竜天天文台公園サイト内検索 WWW検索 Powered by GoogleTM
竜天天文台公園 赤磐市 観望会ブログ

アクセス・交通

公共交通機関ご利用のお客様はページ下へ

吉井竜天オートキャンプ場 」とは別の場所・施設です。

吉井竜天オートキャンプ場は、天文台公園から徒歩3分ほど。

意外と雪が積もったり路面が凍ったりすることは少ないですが、冬季は念のため気象情報に留意し冬タイヤ装着やチェーン携行をお勧めします。 道路交通法やマナーを守って安全運転を。

Googleマップ

岡山県

↑国道と主な県道を記しています。

南や西方面からお越しの場合

国道484号を東進し菊ヶ峠から「竜天オートキャンプ場」の案内看板に従って「竜天夢街道」を通り、ヘアピンカーブ・東岡山変電所前・高福寺[こうふくじ]の前を経由し, (このあたりで、竜天天文台の案内も出てきます)、アップダウンを繰り返しつつ、左手がひらけて、棚田や、紅白の高圧送電線の鉄塔が見えてきたら、残り500m~1kmほどです。 天文台、「金勢[こんせい]大明神」の案内看板に従ってお進みください。途中、高福寺のあたりから下り坂があり不安になりますがしばらく行くと上り坂になります。

「金勢大明神」は天文台から西へ1kmに駐車場があり、さらに徒歩10分ほどで本殿に着きます。


天文台構内図

天文台構内図

駐車場:無料

車いす専用駐車場:未設定。 建物の主な出入口にはスロープあり。

駐車場は線を引いていません(臨時駐車場は枠線あり)。他車がUターンできるように停めてください。なるべく生垣に直角に(先頭か後部を突っ込む向きで)停めてください。

天文台玄関前は10台ほど駐車できます。団体様など車両が多いときは、構内通路の山側・北側(坂を登る方向に向いて左側)に縦列駐車をお願いすることがあります。


お帰り

A、赤磐・岡山市街・山陽IC・美作・和気方面へお帰りの場合

天文台を出て左折(東へ)、そのまま東へ道なりに直進。右手に伸びる中央線の引かれた二車線道路(急な下り坂・県道52号)が見えますが、しばらく先で幅員2m以下の細い急坂になります、カーナビを無視して曲がらずに直進します(こちらもやや急ですが、幅は最後まで1.5車線以上あります)。 15分くらい走ると国道484号に出ます。

B、御津・建部・R53沿線・岡山IC・空港方面へお帰りの場合

天文台を出て右折(南西・西へ)、アスファルトの道なりに進むと、アップダウンをしながらも1.5車線で、15分で国道484号に出ます。


公共交通機関でお越しの皆様へ

仁堀[にぼり]からタクシーで天文台まで片道、小型タクシー(乗客定員4名):ほぼ1,800円、ジャンボタクシー(乗客定員9名、要予約):ほぼ2,400円、(消費税8%、2014年夏時点)とのことです。ジャンボタクシーは1台しかないため予約が必要です。

JR津山線建部[たけべ]駅[1]からは小型(乗客定員4名)が約4,000円、約25分。福渡[ふくわたり]駅[2]からも、金額、所要時間等はほぼ同様らしいです。

[1]建部駅は快速"ことぶき号"通過(朝晩の1往復停車) [2]福渡駅は全定期列車停車(臨時列車は停車駅に注意)

pub-acc

バス停名訂正(赤磐市広域路線バスと宇野バス乗り換え) 図中訂正: ×しんどうほざき  ○しんどうほさき

宇野バスの茶色点線は下市で乗り換え・瀬戸駅線の下市バス停は少し離れておりお勧めしません

黄色線の片上鉄道代替バスは地元自治体等へ事業者変更(2016年現在。図中未訂正)

 岡山駅西口=新道穂先:400円前後、 新道穂先=仁堀:400円前後 

 岡山駅西口発の宇野バス「林野駅」行き、「仁堀」行きは、経由地に関係なく乗り換えの必要はありません。

 林野駅発「岡山駅表町BC(おもてちょうバスセンター)」行き、「仁堀」行き、「新道穂先」行きは、バス事業者や経由地に関係なく乗り換えの必要はありません。