開催 一般観望会

今夜は一般観望会(18時〜21時)を行います。

予報によると、19時ころ以降から晴れ間が出るようです。
現在、雨は上がり、一面の雲海です。西から明るくなってきています。

ただし、上空は晴れていても霧に包まれてしまう可能性がありますので、ご出発前に確認の電話をいただければと思います。 でんわ 086-958-2321

もし晴れましたら、オリオン座をはじめ冬の星座を作る一等星などをドームの大きな望遠鏡で観察したいと思います。
うまくいけば、月明かりが雲海を照らすという幻想的な風景を見渡すことができる可能性があります。

おまけ 春?

IMG_5663.JPGIMG_5664.JPGIMG_5665.JPG小さな雑草が芽を吹き、桜のつぼみがこんなに膨らんでいます。
一か月先取りしているようですが、気温は0℃近くまで下がっています。

画像は大きいものもありますのでご注意ください。

天文学と関係のない投稿のように思われる方もあるかと存じますが、
もともと天文学とはまさにこの文字通りの意味だったのです。

夜中に星を見ることだけが天文学ではありません。もし、星を見るあげるだけなら「星学」あたりが正式名になっていたことでしょう。
手前味噌ですが、歴史的には、物理化学をはじめいわゆる理科四教科を統べるといっても過言ではない分野の一つが「天文学」でした。

開催 無料観望会 竜天天文台

晴れ間もありますので今夜の無料観望会は予定通り行います。
天文台周辺の路面は乾いていますが、気温が低いです。

十分に寒さ対策をしてどうぞ。
今夜はお月様は見えませんが、冬の星座たち、オリオン大星雲M42、カタリーナ彗星などが見られます。
その他暗い天体もリクエストがあれば(なくても?(笑))望遠鏡を向けて観察してみようと思います。