七夕(7月7日)は18時閉園・行事は8月3日(土)です

本日は竜天天天文台公園では特に何も予定しておりません。
18時に施錠し、車両の出入りができなくなります。

といいますのも、今日はこんなに良く晴れていますが、例年は梅雨前線が停滞し、星を見るどころか大雨が降ることもめずらしくありません。そのため年間予定としても予定しておりません。

もし晴れていれば夜21時以降に天の川が東の空に横たわっているようすが見られます。

また七夕の行事や物語はもともと月の満ち欠けをもとにした暦を使っていた時代の「七月七日」です。
立秋よりもあとの上弦の月のころです(ここに閏月を考慮するため実際はもっと複雑)。七夕は俳句の季語では秋の季語です。

実際、いまの暦(カレンダー)では、七夕の星たちや天の川は8月~10月のほうが夕方頭上で見やすく、当天文台でも夏休み中から開けてからをおすすめしております。

ただし、
竜天天天文台公園の七夕の行事、「七夕のゆうべ」は、2024年度は8月3日(土)18~21時に実施します。一部屋台での売店ではお金が要りますが、出し物・展示、モバイルプラネタリウム(電話予約制・受付中・18時~約45分間・外部専門業者委託投影)、観望会など大半は無料です。こちらのご参加をぜひご検討ください。

この記事投稿時点でモバイルプラネタリウムは残り約20人です。ご予約は吉井公民館(平日昼間) 086-954-1379 または 竜天天天文台公園(土日9時~20時すぎ・他開園時間帯。当日は18時まで) 086-958-2321 です。
お電話または直接ご来館の上それぞれの窓口でお申し出くださいませ。

・七夕のゆうべのプラネタリウム予約
・代表者名
・同 携帯番号
・参加人数と内訳(大人、小中高生、幼児それぞれの人数)
などをお伺いします。

スタッフ待機 無料観望会 

本日の無料観望会はスタッフが待機はしています。ただ、レーダー画像によれば雨雲が接近しており、望遠鏡ドームを開けられない=観測ができない可能性があります。

徒歩圏内の方以外はあまりおすすめできそうにありません。

開催 一般観望会

雲越しになんとか月(のクレーター)が見えそうです。
観望会を開催します。

ただ南海上から雲が北上してくるという予報があり、肉眼で月が見えないほどに曇ってしまった場合は中止することがあります。

吉井竜天オートキャンプ場ご利用のお客様、徒歩圏内、などでない方はわざわざお越しになっても曇って見えない可能性が高いです。

月以外の天体は難しそうです。1等星がみえればうれしいなあ、といったところでしょうか。

意外と夜間は寒く感じられます。上着など羽織るものがあったほうが良いと思います。
お支払いは現金のみです。

スタッフ待機 一般観望会

下り坂の予報のうえ、すでに薄雲で太陽がぼんやりしており、星もほとんど見えそうにありません。
と書いたら晴れてきました。

21時の受付終了まで天文スタッフは滞在しています。星が見えなくても望遠鏡の見学などの対応はいたします(21時30分に完全終了、解散)。
予約などは不要です。直接お越しください。

竜天天文台から徒歩圏内の方でしたら同じ空です。もしなにか星がしばらく雲の合間から見えているようでしたら(かなり望み薄です)望遠鏡を向けてみます。

星が見えなくても望遠鏡の見学や遠くの景色の案内、そのほか宿題のすすめ方などご案内できることでしたら対応いたします。

高校生以上200円、小中学生100円、乳幼児無料
おつりが少ないよう小銭や1,000円札でのお支払いご協力ください。

小雨が舞う場合は中止し、望遠鏡や施設見学・案内とさせていただきます。

開催 無料観望会

今夜5/4(土)の無料観望会は開催します。
久しぶりにいい天気です。

ところで、天文台は風がありすでに少し涼しく感じます。この時期は昼夜の気温の差が大きく、とりわけ日没後は急に寒く感じられます。気温は15℃を超えるくらいで真冬と比べればだんぜん暖かいものの、昼間の最高気温に慣れてしまっており、上着などなにか羽織るものがあると良いです。

日没時刻がほぼ19時のため、観望会受付は19時30分~21時(21時受付終了、21時30分観測も終了)と少し短めになっています。

今夜の受付時間中は月や惑星は見えません。どちらも明け方です。

さて、明日・明後日の明け方、みずがめ座流星群が極大を迎えます。天文台では観測会のようなものは実施しません。天文台でなくても見られます。

空が暗く開けたところで空を見上げてみましょう。方角はどちらでもかまいません。街明かりの少ない空の暗い方であればどちらでも良いです。望遠鏡や双眼鏡は必要ありません。ただとにかく寒く感じられるため無理をしないでくださいね。運が良ければ1時間に1人あたり5~10個くらい見られるでしょうか。
今年は月明かりがあるために少し数は減ると思われます。

ほかにも人工衛星が空を移動していくところが見えるかもしれません。

中止 一般観望会

下り坂の予報で今にも雨が降り出しそうな空のため観望会は中止します。

21時まで施設見学は受付ております(無料)。

ただし星が見えた場合や宿題等対応は観望会料金を頂戴することがあります。

開催 一般観望会

本日4月19日(金)の観望会は開催します。
受付時間は19~21時です。
日没時刻が18:44頃のため19:00はまだ明るく、19:30以降をおすすめします。

今夜は雲もほとんどない予報です。
半月と満月のあいだくらいの、月齢11ちかい月、そのクレーターを中心に観測しましょう。

いまは昼夜の寒暖差が大きく、日がかげるだけでも寒く感じます。上着などお忘れなく。

ところで、今日はこよみのうえでは穀雨(こくう)、春分から地球が太陽の周りを30°回った(瞬間を含む)日です。
明日土曜日は天気が下り坂で観望会の実施は少し難しいかもしれません(明日、改めて判断・発表します)。

2024年度(R6年度)予定表

画像版予定表(PNG、約500kB、インデックスカラー)

2024(R06)年度予定表
2024(R06)年度予定表

PDF版はこちらから。1.2MB。

PDF版に空白1文字に文字化けがあり削除、他の空白も一部を減らす修正をしました。 PDF版の予定表は
こちらからダウンロードしてご利用ください。予定に変更はありません。

4/6 中止 無料観望会 見学対応のみ19~21時

とうてい晴れそうにないため、中止します。ただし管理人・天文指導員は滞在しており天文台本館も開け、望遠鏡の見学、施設見学は19時~21時まで受け付けます(今夜はどちらも無料)。

ただ、これを記入している時点(18:00)で天文指導員が急な体調不良(頭痛、頓服をさきほど服用)で、しばらく続いた場合、ご希望に沿わなかったりご案内が簡素になったりしてしまった際はどうかご容赦くださいませ。