赤磐市竜天天文台公園 Ryuten Astronomical Obs., in Akaiwa

  竜天天文台公園サイト内検索 WWW検索 Powered by GoogleTM
竜天天文台公園 赤磐市 観望会ブログ

よくある??質問

よくある?質問をまとめました。難読地名は天文台周辺へ移動しました。


今夜、観望会はありますか?

「天文台が」晴れていれば行います("山の天気")。 市内や瀬戸内海沿岸部とは異なる場合がありますので、出発前に天文台までお問い合わせください。

またはこちらのブログから。

めったにありませんが、気象警報が出ている場合や、積雪や凍結のおそれがある場合のような天文台都合では、快晴でも中止にすることがあります。


観望会の予約は?

いりません。好きな時刻に来て、満足したら/閉園時刻になりましたら、おかえりいただく仕組みです。 ゆっくりしていただくため、できれば閉園30分前までにお越しください(3~10月は21:30、11~2月は20:30までに)。 どれだけ混んでいても、空いていても、料金は同じです。


観望会の値段は?

高校生以上200円、小中生100円です。乳幼児は無料、小学生以上10名以上の団体は1人100円の団体料金です。

月に一回、無料の観望会があります。日にちは行事などのページでご案内しています。 

大きなお札は崩してきていただけますようお願いします。お支払いは現金(日本円)のみです。カードや電子マネーは使えません。


観望会では何をしますか?持ち物は?

望遠鏡や肉眼(裸眼)で、スタッフが星空をご案内します。てぶらでふらっと来ていただいても大丈夫です。

遠くを見るためにメガネやコンタクトレンズが必要な方はお忘れなく。とはいえ双眼鏡や望遠鏡は要りません。 天文台の望遠鏡や双眼鏡を覗いて天体を見ます。

もちろん持参してもかまいませんし、使い方がわからないから聞いてみたいという方は対応します (多客時は対応できかねます、できるだけご一報ください)。

夏でも涼しい(寒い)です、虫よけにもなりますので、上着があると快適です。

天文台では、懐中電灯は使いません。星が見えなくなってしまうので、むやみに点けないでくださいね。足元を照らす明かりがありますのでご安心ください。


星のことは小学校で習ったきり、何も覚えていないのですが大丈夫でしょうか

ご安心ください。竜天天文台は、そういう方が対象の施設です。(天文学者や同業者のお忍び禁止!!)

天体物理学や最先端天文学を本格的に学びたい方は大学など他所でお願いします。


あの星なあに?

  • 観望会中にお尋ねいただくか、開館日の午後に天文台までお問い合わせください。

    ご覧になった日時(年月日 時分)・天体の方角・観測地・方角・明るさ(○○より明るい・暗い)・色など、細かい内容ほど特定しやすいです。

    低空で明るく光る光点は、岡山空港や近隣府県の空港を発着する航空機のライトであることが多いです。だいたい5分くらい見ていると航空機かそうでないかを判断できます。


  • 夏休みの宿題をしたい・自由研究したい

    お盆の頃を避けていただければ、観望会の時間中にだいたい対応できます。昼間にあらかじめお電話をいただけると助かります。

    「月のかんさつ」は月が出ている夜にお越しください。

    スケッチは他のお客様のない時間を選んで描くことになります。天候等で完成しないこともあります。ご容赦ください。

    「自由研究」は人手不足により手取り足取りご案内できませんので、あらかじめ何をしたいのか、何が疑問なのか、などをまとめてからお越しください。

    ちなみに、スタッフが答えたり話したりした内容をまとめただけのものは「日記」か「まとめ」であって、「自由研究」ではありませんよ。

    「自由研究のネタさがし」も対応できます。そこの場合は疑問をまとめてくる必要はありません。天文以外の分野も多少なら対応します。(お盆のころまでに来てね)


    望遠鏡の使い方が分かりません/家にあります

    まずはご連絡ください。お互いに都合のいい日の昼間(土曜か日曜の午後)か夕方、現物をご持参していただいたうえで、使い方や疑問点を分かる範囲でご案内します。 昼間なら原則無料です。 なお、観望会時間中でもスタッフ人数に余裕があれば対応します。

    観望会時間中にご持参いただいても構いませんが、他のお客様が覗いたり、不慮の事故が起こったりしてトラブルになっても、天文台は一切の責を負いません。


    泊まれると聞いたのですが

    いちおう仮眠できますが、いわゆる簡易宿泊施設です(研修室)。  旅館の類ではありませんので、食事や布団などはすべてセルフサービスです(シーツはあります)。 浴室は石鹸シャンプータオルなどありませんのでお忘れなく。

    建物内の研修室(和室)とは別に、キャンプ場があります。吉井竜天オートキャンプ場とは別です。 キャンプファイヤーなどもできます。よろしければどうぞ。  詳しくはここから。


    予約利用したいです

    天文台、公民館、どちらかへお電話か、直接ご来館でどうぞ。

    代表者名、住所、携帯番号、利用日時、到着・出発予定時刻、利用予定の最大人数(高校生以上・小中学生・乳幼児それぞれ)、 利用希望施設( 研修室(和室)、キャンプ場、天体観測、リビング(台所・冷蔵庫)、浴室、キャンプファイヤー等 )、そのほかご希望をお伺いします。 利用者数は当日になって変更があっても違約金等は発生しませんが、大幅な変更(部屋数の変更、貸し切りでなくても良くなった)がありしだい連絡をくださると助かります。


    お支払いは?

    各お支払いは当日、現金のみでお願いします。小銭が不足気味です、なるべくお札でのお支払いはご遠慮いただければ幸いです。


    小人数では利用するのに失礼?

    そんなことは決してありません。大歓迎です。 お一人様から対応します。 むしろ少人数のほうがゆっくり楽しめますよ。   だいたい20名以上の団体でご利用の場合は事前にご一報くださいませ(予約ではありませんので、当日に人数が減ってもかまいません)。



    竜天天文台と商取引をしたい

    天文台では一切の権限がありません。所轄の赤磐市立吉井公民館 086-954-1379 、FAX 086-954-9201 へお問合せください。

    天文台スタッフからは残念ながら何ともお返事ができません。


    天文関係の仕事がしたい

    大歓迎ですよ~! 

    それは、天文学の研究? 広報普及教育? 光学機器の製造販売? 宇宙開発? 星の民俗学? それとも?

    公開天文台とプラネタリウムもまたずいぶん違います。学校の理科の先生で天文を教えられる方も少なくなっています。 幅広くお待ちしております。